まーの日常

哲学者が人生を楽しむ方法を探求するブログ☆気まぐれに更新しています。

苦手を乗り越えよう!苦手解決の手段を考えてみた。

 【苦手って何だろう?】

 人間だれしも、苦手なことの1つや2つはあるものですが、苦手をそのままにしておくのはツライと思います。そこで今回は、「苦手を乗り越えよう!」をテーマに苦手解決の手段を考えてみたので、最後まで読んでいただけると嬉しいです(*‘∀‘)

 「苦手意識」という言葉があるとおり、苦手は意識に刻み込まれ、パターン化した苦手意識は、同じような状況に遭遇した時にマイナスに作用します。

 例えば、人と話すのが苦手だと思っている人は、人と会った時に無意識的に苦手意識を持っているので、その人と話すことを避けるかも知れません。

 これは苦手意識がマイナスに作用している例と言えます。恐怖などの他のネガティブな感情と一緒で苦手という気持ちも本人の安全を確保する為の気持ちです。

 ですが、それがマイナスに作用する場合が現代社会では多いのです。

 虫が苦手なのは、別に直そうとしなくてもいいと思いますが、人が苦手となると改善する必要があるでしょう。

 ここで一つ、苦手を乗り越える為に、あたりまえだけど大切な事実があります。

 それは、何かを苦手にしているのは、あなた自身だということです。

 要するに、苦手はあなたの精神的な課題である可能性が高いのです。

 なので、この精神的な課題を解決できるのは、あなた自身にほかなりません。

 

 【苦手を乗り越えよう! 私の提案】 

 さあ、苦手を乗り越える為には、精神なり、行動なりを変えていく必要があります。そして、その具体的な内容は2つに分けられます。

 ①「苦手を自覚する&苦手を乗り越えようという意志を持つ」

 まず、自分が何を苦手にしているのかを確りと自覚する必要があります。ぼんやりでもいいので何が苦手か探ってみてください。気づかなければ、スタートラインにすら立てません。

 そして、苦手を自覚した後に「苦手を乗り越えよう」という意志が何より大切になります。意志が強くないと変えられるものも変えられないからです。

 ②「考え方&行動を変える」

 苦手を自覚できたら、それに対する考え方と行動を変えてみましょう。

 例えば、先ほどの例の続きで人が話すのを苦手にしてしまっているのなら、人と話すことを好きになってみようと考えて、人と積極的に話すようにすれば、苦手を乗り越えられる可能性は高くなります。結局は、苦手を乗り越えるには、考え方と行動をセットで変えていく必要があります。

 ここで特に重要なのは、苦手は感情(気持ち)としても表れてくるので、それに飲み込まれないことです。苦手を乗り越えようという意志と考え方・行動の変革で感情(気持ち)もいいように変わっていきます。それを信じて感情も苦手克服に活用しましょう。

 「堂々と挑む(チャレンジする)」ことや「好きになる」こと、「現実を見る」などの考え方の改善と行動の改善によってほとんどの苦手は乗り越えられると思います。

 

 私はまだまだ苦手なことが多い人間ですが、苦手を乗り越えられるよう努力していきたいです。

 私なりの苦手を乗り越える方法が誰かの役に立てば幸いです。

 ここまで読んでいただきありがとうございます!(/・ω・)/

 

 【オススメ本】

科学的に「苦手意識」をなくす技術 (PandaPublishing)

科学的に「苦手意識」をなくす技術 (PandaPublishing)