とある哲学者の研究記録

哲学者が人生を楽しむ方法を探求するブログ☆気まぐれに更新しています。

精神のコントロールできることとできないことを見極め、対応する必要性

 人間にはコントロールできることとできないことがあります。ほとんどのことが1人の人間にとってはコントロールできないことです。だからこそ人生は中々思い通りには行かないものなのでしょう。ですが、コントロールできることもあります。

 今回は人生の中でも一番上手く付き合っていく必要がある己の精神全般に置いて「コントロールできること/コントロールできないこと」についてそれぞれ考察したいと思います。人間の精神は様々な側面が見受けられ、多様な機能を持っています。そんな多様な機能を持つ精神を取り扱うには、「コントロールできること/コントロールできないこと」を明確化する必要があります。

 私の考える「コントロールできること(①)/コントロールできないこと(②)」は、次のように分けられます。

 ①自発的な思考・イメージ,行動,振る舞い,意識・注意など:「意志系統」

 ②自動思考,感情,気分,欲求など:「自動系統」

 それぞれ解説していきましょう。

 ①のような自発的な思考・イメージ,行動,振る舞い,意識・注意などは精神の中でも意志で動かせる面だと言えます。

 ②のような自動思考,感情,気分,欲求などは意志とは関係なく自動的に生じるものです。感情や気分は物事に対して自動的に感じるものであり、また食欲・睡眠欲などの様々な欲求もまた自動的なものとして出てくるものでしょう。

 このように、コントロール「できるもの/できないもの」がある精神をどのように取り扱ったらいいのでしょうか('Д')?

 答はシンプル! コントロールできることに集中すべきであり、コントロールできないことは間接的に導く(マネジメントする)しかないのです。

  ※直接コントロールできないことは、間接的にコントロールするのです(∩´∀`)∩

yukimura-manase.hatenablog.com

 コントロールできないものを無理にコントロールしようとしたり、否定・抑圧したりするのは、逆効果になると言えます。※逆効果になる理由は前の記事を参照してください。

yukimura-manase.hatenablog.com

 コントロールできないものは、受け入れたり、認めたり、流す、またはコントロールできることから間接的に導く(マネジメントする)しかないのです(/・ω・)/ 

 精神を上手く取り扱うには「コントロールできること」と「コントロールできないもの」を見分け、コントロールできることに集中することが必須となります!

レッツコントロール☆(=゚ω゚)ノ

人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法

人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法

 
セルフモチベーション・マネジメント 一瞬で情熱を創り出す技術

セルフモチベーション・マネジメント 一瞬で情熱を創り出す技術

 
大人になってこまらない マンガで身につく 自分コントロール

大人になってこまらない マンガで身につく 自分コントロール