とある哲学者の研究記録

哲学者が人生を楽しむ方法を探求するブログ☆気まぐれに更新しています。

コントロールとマネジメントの違い(意味哲学)

 今回の記事は、コントロールとマネジメントの意味と違いについて哲学していきたいと思います。

 コントロールをグーグル検索すると「支配・制御・管制」という意味

 マネジメントをグーグル検索すると「経営・管理」という意味

 ということが分かります。それぞれ意味は違うのだろうけど似てるような気がする、詳しい意味の違いが分からない‥(´・ω・)

 なんて人も多いはず!そこで今回は、コントロールとマネジメントを一瞬で見分ける方法を皆様に伝授したいと思います。

 結論から言いましょう(/・ω・)/

 コントロールとは「支配・制御する」ことを前提とする言葉であり、その意味を要約すると『直接操作』と表現することができます。

 マネジメントとは「導くこと」を前提とする言葉であり、その意味を要約すると『間接操作』と表現することができます。

 コントロールとは対象を支配・制御する時に使う言葉です。それに対して、マネジメントとは対象を導く時に使う言葉です。こういったことから、コントロールは自主性を軽んじる傾向にあり、反対にマネジメントは自主性を尊重する傾向にあることが考察できます。すなわち、言い換えれば「コントロール」とは「命令」であり、「マネジメント」とは「指導」であると言えます。

 要するに、

 「コントロール」=「命令・支配」=「直接操作」(支配する)

 「マネジメント」=「指導・誘導」=「間接操作」(導く)

 というように「コントロール」と「マネジメント」の意味の違いは明確化できます。

 「コントロール」と「マネジメント」は様々な状況で使い分けを求められるものになりますので、この2つの言葉(概念)の意味を確りと把握することは重要です。

 

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

 
アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)

アンガーマネジメント入門 (朝日文庫)