とある哲学者の研究記録

哲学者が人生を楽しむ方法を探求するブログ☆気まぐれに更新しています。

マクドナルド クルー体験会行ってみました!

大歓迎!! マクドナルド クルー体験会 3月15日(木)開催

本日、3/15㈭はみんな大好きマクドナルドにて、クルー体験会というものが実施されている!というマッククルーである妹からのタレコミ(情報提供)によりマクドナルドに行ってみた。

作戦はこうだ。

①まずは、注文する。

②店員さんがクルー体験会に誘ってくるのを待つ。

以上だ。

 

今回は、妹が働いているマックとは別のところに行ってみた。

とりあえずチーズバーガー(130円)を頼み、できたてチーズバーガーが来るのを待っていると、「今日、お時間空いてますか?」と店員さんが話しかけてきた。

しめしめ思惑通り( *´艸`)

自分から、クルー体験会をやりたいというのが少し恥ずかしく思えたので、待ちの姿勢で攻めてみた(?)が、大成功だ。

「本日、クルー体験会というイベントを行ってまして…」と店員さんの説明が入る。

「…という内容ですが、どうですか?」と店員さん。

「はい、やります」即答する俺。

「さあ、見せてもらおうか、マクドナルドの職場というものを!」(心の声)

クルー体験会に参加するということだけなのだが、マック店員がざわめきたち、店長まで出てきた。そうとうな歓迎ムードだ。

クルー体験会は、11:00~19:00開催のようなのだが、11時ちょっとに行ったので、おそらく俺が最初のチャレンジャーだったのだろう。

ハンバーガーづくりをレクチャーされながら作る様子を写真で撮影され、少し恥ずかしかった。おそらく本部などに様子を送るのかな?

 

クルー体験会の流は以下のようなものだった。

⓪エプロン&帽子を着用・手を洗う。

⇒衛生管理は、大切だ。エプロンと帽子を着用、二の腕位まで手を洗う。

ハンバーガーづくり

⇒バンズ(パン)を取り、そこにマスタードケチャップ、ピクルス、ハンバーグを載せて最後にバンズでそれらをはさんで完成です☆

②ポテト入れ

⇒これが一番楽しかったかも!ポテトを縦向きにしてカップに入れるという作業ですが、これが慣れないと大変かも…慣れれば簡単そうだけど。

③ドリンク作り

⇒氷を入れて、ファミレスやカラオケにあるようなドリンクマシンを使ってドリンクを入れれば、ドリンク完成!めっちゃ簡単です。

④お持ち帰り

⇒な、なんと!体験会で作ったものは「お持ち帰り」できるのだ。

やったぜ!「お持ち帰り~☆」

 

マックスタッフ&店長「ありがとうございました」

みなさんいい笑顔!素晴らしい!エクセレント☆

俺「ありがとうございます」

こうして、クルー体験会という潜入ミッションを無事クリアした俺は、自分で作ったハッピーセットを持って帰るのであった(*'ω'*)

 

【感想・提案】

普段利用しているお店の中・仕事を観れる・体験できるというのは、新鮮で面白かったです。妹が「陶芸を試しにやるような気分で行ってくればいいじゃない」と言うので行ってみたが、この新鮮さは、新たな体験をした時にしか感じられないものだな~と、しみじみと感じた。

マックの店員さんは、みんな丁寧な対応で、いい職場であることが体験できた。

こういった職場体験というものは、いろんなプラスの効果を持つように思われる。

企業にとっては、一見コストがかかるだけのイベントのように思えるが、こういったイベントを通して個人の企業への興味関心が高まることやマックのようにモノを提供する場でも、職場体験というコトの提供をするという一つの可能性の提示であろう。

様々な職場で働くイメージを掴んでもらうためにこういった試み(体験会)のようなイベントを他の企業もやってみるといいのではないでしょうか。

様々なコトを観れたり・体験できたりすることは、人に様々な世界・世界の広さを知ってもらうことに繋がる。

マクドナルドの社会貢献活動や社会と接しようという意思には改めて感服する次第である。 

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

 
人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった

人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった