雪村活人事務所

哲学者が人生を楽しむ方法を探求するブログ☆

「好きなタイプは?」って質問に対する答えは何がbestか?

「好きなタイプは?」って聞かれたら、なんて答えますか?

中には「特にタイプないなー」って人もいるのではないでしょうか?

私は建前としては「ニーハイ着用したメガネっ子でお願いします!」と答えますが…

まぁ本音を言うと、自分はそこまでこれと言ってタイプな人がいる訳でもないです。
メガネフェチとか脚フェチとかは、人に聞かれたら答えられるようであったり、
話を盛り上げる為の「上トーク」(?)として用意しているモノでした。

この問題について、
ふと哲学してみたら閃きました!
そもそも、「好きなタイプは?」に対する答えを用意することは、可能性を小さくするだけなのではなないか!?と…

例えば、「私のタイプはメガネっ子だ」
と決めてかかると
無意識にお姉さん系は無理だとか、
ぶりっ子系は無理だなどと判断します。

お姉さん系やぶりっ子系の中の自分に合いそうな人とのチャンス(可能性)があるかも知れないのに、そのチャンスを自ら潰しているかも知れません。

私は決意しました!
可能性を広げる為に、
「好きなタイプは?」と言う質問には
「いない」
と答えることを…


【読み返してみての感想と結論】
《感想》
我ながらどうでもいいことを哲学した気がする…

それに、結局行き着くのは『心』(精神)だと、
『心』(精神)の相性だと私は思います。

外見もそれなりに大切ですが彼女や結婚相手は『心』(精神)というメンタル面で相性がよくなければ長続きはしないでしょう。
そう真に大事なのは外見ではなく、『心』なのです!
f:id:yukimura-manase:20160718115014p:plain
勘のいい人なら気付いているかも知れないけど…ただこの画像を使った記事を書きたかったという訳でないことはないと言っておく。

《結論》
「好きなタイプは?」と言う質問には、
「好きなタイプは、いない」と言って置いて、メンタル面で相性がいい人を探すといいと考えられます!( *・ω・)