読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪村活人事務所

哲学者が人生を楽しむ方法を探求するブログ☆

「知識こそ生命の泉なり」~ソロモンの知恵~

哲学

f:id:yukimura-manase:20160703163548p:plain

 「ソロモンの知恵」と言えば、『マギ』(漫画・アニメ)!

王道の少年漫画でおもしろいですよ☆

 

本題に入りましょう!

 

【ソロモンの知恵】

『知識こそ生命の泉なり』

 これは私の尊敬する人の一人、ソロモン王の言葉です。

ソロモン王は、旧約聖書の『列王記』に登場するイスラエル王国の第三代の王で、古代イスラエルの最盛期を築きました。

また、旧約聖書中で最高の知識人の代表として今でも根強い人気を誇っています。

 ※ちなみに私はキリスト教徒でもユダヤ教徒でもありません。この名言が特に好きって感じです。

そんな知識人であるソロモン王の名言が表す意味を簡単に言えば、

 『活きる為に知識は必要不可欠である』

『知識が活きる道を開く』

 と言えます。

 

【世の中の法則】

世の中は『諸行無常』です。

諸行無常』とは、「世の中は絶えず変化し続けいて、不変のものはない」という仏教用語であり『流』を表す重要概念です。

当たり前と言えますが、季節は巡り、私たちは生まれ、時が流れていつかは死にます。

人の命は有限ですから、活き活き生きることが人生で一番大事だと私は思います。

 マクロ/ミクロ(全体/部分)どちらで見ても世の中の存在全てに『流』があります。

時は『流』であり、身体を巡る血液も『流』であり、経済も『流』であります。

 

諸行無常」を『自然システム』とすると

『社会システム』(経済面)は「資本主義」(競争社会)となります。 

どちらのシステムも、

常に良い変化を望まなければ活き活き生きることはできないようなシステムです。

諸行無常」に立ち向かうためには、運動など体を鍛える必要があり、

「資本主義」に立ち向かうためには、知識など脳・心(精神)を鍛える必要があります。

 

【まとめ】

ソロモンの名言や世の中のシステムから言いたいのは、楽しく生きる為には『生涯学習』が必要!ってこと。

私は全ての人に学ぶ楽しさ・必要性に気付いてもらいたいです。

今回の記事は必要性メインなので、学ぶ楽しさについてはまた今度、

チャオチャオ~♪

 

 追記:『常に良い変化を望む』そして、良い変化に向けて行動をとる。

 今できる範囲で良い変化を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

旧約聖書を知っていますか

旧約聖書を知っていますか

 
新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

 

 

原始仏典 (ちくま学芸文庫)

原始仏典 (ちくま学芸文庫)