とある哲学者の研究記録

哲学者が人生を楽しむ方法を探求するブログ☆気まぐれに更新しています。

苦手を乗り越えよう!苦手解決の手段を考えてみた。

 【苦手って何だろう?】

 人間だれしも、苦手なことの1つや2つはあるものですが、苦手をそのままにしておくのはツライと思います。そこで今回は、「苦手を乗り越えよう!」をテーマに苦手解決の手段を考えてみたので、最後まで読んでいただけると嬉しいです(*‘∀‘)

 「苦手意識」という言葉があるとおり、苦手は意識に刻み込まれ、パターン化した苦手意識は、同じような状況に遭遇した時にマイナスに作用します。

 例えば、人と話すのが苦手だと思っている人は、人と会った時に無意識的に苦手意識を持っているので、その人と話すことを避けるかも知れません。

 これは苦手意識がマイナスに作用している例と言えます。恐怖などの他のネガティブな感情と一緒で苦手という気持ちも本人の安全を確保する為の気持ちです。

 ですが、それがマイナスに作用する場合が現代社会では多いのです。

 虫が苦手なのは、別に直そうとしなくてもいいと思いますが、人が苦手となると改善する必要があるでしょう。

 ここで一つ、苦手を乗り越える為に、あたりまえだけど大切な事実があります。

 それは、何かを苦手にしているのは、あなた自身だということです。

 要するに、苦手はあなたの精神的な課題である可能性が高いのです。

 なので、この精神的な課題を解決できるのは、あなた自身にほかなりません。

 

 【苦手を乗り越えよう! 私の提案】 

 さあ、苦手を乗り越える為には、精神なり、行動なりを変えていく必要があります。そして、その具体的な内容は2つに分けられます。

 ①「苦手を自覚する&苦手を乗り越えようという意志を持つ」

 まず、自分が何を苦手にしているのかを確りと自覚する必要があります。ぼんやりでもいいので何が苦手か探ってみてください。気づかなければ、スタートラインにすら立てません。

 そして、苦手を自覚した後に「苦手を乗り越えよう」という意志が何より大切になります。意志が強くないと変えられるものも変えられないからです。

 ②「考え方&行動を変える」

 苦手を自覚できたら、それに対する考え方と行動を変えてみましょう。

 例えば、先ほどの例の続きで人が話すのを苦手にしてしまっているのなら、人と話すことを好きになってみようと考えて、人と積極的に話すようにすれば、苦手を乗り越えられる可能性は高くなります。結局は、苦手を乗り越えるには、考え方と行動をセットで変えていく必要があります。

 ここで特に重要なのは、苦手は感情(気持ち)としても表れてくるので、それに飲み込まれないことです。苦手を乗り越えようという意志と考え方・行動の変革で感情(気持ち)もいいように変わっていきます。それを信じて感情も苦手克服に活用しましょう。

 「堂々と挑む(チャレンジする)」ことや「好きになる」こと、「現実を見る」などの考え方の改善と行動の改善によってほとんどの苦手は乗り越えられると思います。

 

 私はまだまだ苦手なことが多い人間ですが、苦手を乗り越えられるよう努力していきたいです。

 私なりの苦手を乗り越える方法が誰かの役に立てば幸いです。

 ここまで読んでいただきありがとうございます!(/・ω・)/

 

 【オススメ本】

科学的に「苦手意識」をなくす技術 (PandaPublishing)

科学的に「苦手意識」をなくす技術 (PandaPublishing)

 

本当にしたいことって何だろう? 自分の気持ちと向き合ってみる。

 「本当にしたいことって何だろうか?」

 社会人になって半年、仕事に慣れてきたし好きにもなれてきた。プライベートも充実してきて順調なはずなのに、何か自分の中で足りない気がする。

 それはうすうす気づいていたが、気づかないふりをしていたものだ。私は理想が高く夢見がちな人間なのだ。つまり、まだまだ中二病ということだ‥(´・ω・)

 理想が高く、色々なことに満足できてないわけだが、それは現実と理想のギャップに苦悩する道なのだと改めて思う。

 だから、理想を高く持つけど、現実に満足できる人間でいられるよう努力したいと思った。現実に満足する為にもハードルを低くして、努力と楽しみのバランスを取っていきたい!

 現実を全力で生きることが、未来に繋がると思う。だから、今を生きる!

 そう決意しました。 

 そして、本題の本当にしたいことって何だろう‥というわけなのですが、 ここ最近、仕事に忙しくて自分がしたいことを見失っていました。

 私が本当にしたいこと、それは楽しいと思えることやこれだって使命感を持てるようなモノだと思っています(実にシンプル)。

 まだまだ、楽しいことや使命感を持てるようなことを探している最中ですが‥

 とりあえず、好きなことであり、使命感を感じられるものの1つである「書くこと」に戻ってきた気がします。

 いつも変わりたいと願いながら、成長しきれてない自分を変える起点にしたい!

 なんか、他の人にはどうでもいいことを、つらつらと書いた気がしますが、全然関係ない人にも何か響くことがあればいいなと思いながら、この記事は締めくくりたい思います。次の記事は、もっと読者の為になるようなことを書くぞぉぉぉ~(*'▽')

 ここまで読んでいただきありがとうございます!(/・ω・)/

 

【関連記事】

3か月ぐらい前にこんなこと書いてたけど、見失ってるな~(´・ω・`)

yukimura-manase.hatenablog.com

ロシアとヨーロッパのこれから~国際政治・関係性の分析~

 大学時代のレポートを発掘したので、ブログ記事として掲載します(/・ω・)/

 

― 以下レポート ―

 昨今は、イギリスのEU離脱イスラム国問題、ヨーロッパの難民問題、ロシアの横暴などから観られるように、東アジアだけでなくヨーロッパも情勢は不安定であると言える。

 そんなヨーロッパの中でも「EU」(欧州連合)とヨーロッパでありアジアでもある「ロシア」の関係性について分析しながら、「EU」(欧州連合)と「ロシア」のこれから(将来)について、「どうなるか」という現実的予測と「どうするべきか」という理想論的意見を述べたいと思う。

 また、「EU」という政治・経済の国際的共同体の構想・理念は、「アジア地域」のこれから(将来)の発展に必要なものとなってくるだろう。

 そして、「EU」が「ロシア」という荒熊と対峙するように、「日本・アジア」は「中国」という荒熊と対峙している。

 「EU」と「ロシア」の国際関係・国際政治の現実と理想を分析・理解することは、アナロジー(類推)的に「日本・アジア」と「中国」の国際関係・国際政治の現実と理想を理解することに役に立ち、これからの「アジア地域」の調和と平和構築を考え・実現することを助けるだろう。

 このレポートでは、「ヨーロッパ(EUとロシアをメイン)のこれから(将来)の現実的予測と理想論的意見」をテーマとする。そしてその「おまけ」(アナロジー・類推)として、日本・アジアのこれから(将来)に対して、意見を述べたいと思う。

 

【ヨーロッパの調和とEU欧州連合)】

 ローマ帝国以来の「規範の帝国」と言われる「EU」(欧州連合)の構造・歴史的経験などから学べることは多い。

 「日本は先進国としてEUアメリカに並びつつ、アジアの新興大国中国やインドやASEANと共存して、先進国と新興国の橋渡しをすることができる。また、欧米による近代から、再び、アジア人による文明と繁栄の時代への移行を、緩やかに、軍事的な大衝突を起こさずに実現していく知恵を、二度の世界大戦による疲弊と悲劇から統合を実現した、EC(欧州共同体)/EU欧州連合)の歴史に学び、アジアという地域の一員として実行していくことができるはずだ…(中略)。アジア全体の新時代を、いかに平和的かつ安定的にWin‐Winの政策を持って実現していくか。それを考え実行すること…(中略)。パワーシフトの時代にあって、新興国への経済・権力移行をより平和的に行うための「橋渡し」、両者をつなぐ「ブリッジ」の役割をこそ、日本は果たすべきであろう。…(中略)。EUの歴史的使命、特に戦争によらず世界平和と世界規範に大きな役割を果たし続けようとする使命に学ぶことは極めて大きい」と羽場は言う(註2 p5~p7)。

 「EU」は軍事力ではなく、規範と協力・安定関係によって「ヨーロッパ世界の調和」をつくり出そうとしている。

その試みは、アジア地域のこれからを考えるにあたって必要な知恵であろう。

 また、「EU」には欠点も観られる。そういった構造的な問題も含めて「EU」というものを分析して、将来的に「アジア地域の調和」をもたらす政策・機関の設立などに役立つ知恵をここでは見出していこうと思う。

 

 「EU」(欧州連合)という共同体の最大の理念・目的は、「ヨーロッパの調和・協力」であり、それは「ヨーロッパの平和」に繋がるといえる。

 実際、世界大戦後のヨーロッパでは、「戦争」と呼べるものは起こっておらず、比較的に平和な状態を維持できている。その要因として「EU」(欧州連合)という共同体の存在は大きな割合を占めているだろう。

 「EU」(欧州連合)の特性・魅力を平島は次のように語る(註1 p4~p8)。

― 以下引用文 ―

 統合のプロセスと、そのようなプロセスをたどって築き上げられた現在のEUも、われわれの知的関心をひきつけてやまない。その魅力はどこにあるのだろうか。

 第一は、妥協を導き出すための創意あふれる工夫の数々がある。

 欧州連合は、第二次世界大戦による後輩と迫りくる東西冷戦の中に置かれたヨーロッパ諸国が、一国だけでは解決することのできない、さまざまな問題を相互に協力しながら解決しようとする試みに始まった。すなわち、各国は、あらかじめ定められた、何か特定の組織や体制を構築するために協力を続けたのではなく、その時々の具体的な問題を、与えられた条件の下で集合的に解決しようとしてきたのである。

 粘り強い交渉から導き出された妥協の定式は、まさに政治が可能性を追求する技術であることを想起させる。

(中略)

 第二は、目標を達成するリアリズムとその粘り強さである。…… 機構、決定ルールをさまざまに使い分け、場合によっては経過措置を用いながら、そのときどきに可能な合意を暫定的に選び取り、そのような合意の定着と状況の変化をまって、さらなる合意の達成を追求するリアリズムがある。H・ウォーレスが「建設的曖昧さ」と言うように合意の達成が難しければ、その場はあいまいな妥協でやり過ごすこともあるだろう。実際、当事者の多くが交渉の挫折について語りながらも、暫定的に結ばれた取り決めが、状況の変化を経た後に当初の意図を実現する、より完全な合意の成立へと至る場合が数多くある。

(中略)

 最後に、その複雑な構造をあげたい。以上の二点からも導かれるように、共同体は持続的な変化を積み重ねて今日のEUに至ったのであり、複雑に分化した構造は単純に図式的理解を拒む。確かに六〇年代までは、共通化された政策の制度化は端緒にとどまっていたから、欧州統合に対する関心は、統合の前進や停滞のプロセスに集中していた。しかし、それぞれの国益を守ろうとして統合を政府間の交渉にだけ注目していては、委員会の日常的な政策形成によって形成されるガヴァナンスの構造を理解することは難しい。ガヴァナンスという言葉を用いるのは、政策過程の全体を上から統括する政府が存在せずとも、個々の領域では一定のパターンにしたがって問題の解決がなされるからである。同じようにEUを国際組織として考えるだけでは、欧州裁判所が、各国の法秩序に優越するヨーロッパの法的体系を構築してきた点を見逃すことになる。

 一方、EUを連邦制国家になぞらえ、委員会や理事会を一種の行政や立法府として固定的に理解しようとすることも、共同体がもつ可塑的な柔構造を見失わせることになる。統合が進展するにつれ、共通化された政策分野は多岐に及び、領域のそれぞれにはさまざまな形のガヴァナンスが成立した。とりわけ、冷戦の終結後には、多くの新たな課題に対応しようとして、共同体の構造は一層多様に分岐して、政策形成のネットワークは、共同体の機構をはるかに超え、民間の主体を幅広く包括するところにまで及んだ。

 冷戦の終結がもたらした課題に対して、今日の共同体が東方拡大や共通の軍隊の設置などによって答えようとするにもかかわらず、その対応はなお不十分なものにとどまっているのかもしれない。また、憲法条約の締結をもって、マーストリヒト条約を批准する過程で明らかとなったEUの「民主主義の赤字」に対する回答とすることができるのかどうかについても議論の余地があるだろう。政治的決定の場が、コペンハーゲンよりも遠く離れたブリュッセルに移ることを懸念したデンマーク国民が、国民投票によってマーストリヒト条約をいったん否決して以来、「民主主義の赤字」としてEUへの権限の集中や意思決定過程の不透明性に対する批判が高まった。そもそも複雑に構造分化したEUでは、市民が国家に対して認めてきたような正統性はどのような形で確保されうるのだろうか。

― 引用終わり ―

 平島は、「EU」(欧州連合)の特性・魅力の1つ目として、「問題解決の為の創意工夫・様々な試み」を挙げている。これは「EU」(欧州連合)という史上初の試みを成功させる為にヨーロッパ各国が「EU」として様々な政策を提案して試すという試行錯誤の結果の特性・魅力であると言えよう。

 次に「EU」の2つ目の特性・魅力として、「目標を達成する為のリアリズムと粘り強さ」を挙げている。これは「EU」の理念・最大目標である「ヨーロッパの調和・協調」を実現するために、現実的な妥協や粘り強さが政策面にて現れており「建設的曖昧さ」と評されるほどであることを特性・魅力として指摘している。

 そして「EU」の3つ目の特性・魅力として、「EUという共同体の複雑な構造」を挙げている。これは「EU」という機関が欧州各国を連携させる機能を果たしているが、それは「EU」が「国際組織」「連邦政府」でもなく、ヨーロッパの「共同体」ながら、様々な独自の機関をその内部に数多く持っているという「EU」の複雑な構造を特性・魅力として指摘している。

 このように「EU」には様々な特性・魅力があり、「EU」の構造を形作っている。

 また、「EU」(欧州連合)の「多様性・多元性」について、

 羽場は「拡大欧州は、アメリカのユニラテラリズム(単独行動主義)に対し、マルチラテラル(多国協調主義)な価値を打ち出して、二一世紀の世界を多元化することに貢献してきた」と述べている(註2 p12)。

 「EU」の「多国協調主義」はアジア地域の調和・協調にも必要であろう。

 

【ロシアのアイデンティティと政治・外交】

 「EU」(欧州連合)の構造を観たところで、次は「ロシア」について観ていこう。

 ある意味で「ロシア」は「EU」(欧州連合)という「ヨーロッパ」にハブられているとも言えるが、それはなぜなのか。また、「ロシア」の政治・外交について観ていこう。

 ロシアの政治・経済状況に関する考察を横手は次のように述べている(註5 p3~p5)。

― 以下引用文 ―

 過去30年ほどの間に、ロシアは社会主義体制から資本主義体制の国へと変貌した。

 社会主義体制が存在していた時代には、ほぼ全期間にわたってソ連共産党がこの国の政治権力を独占していた。経済面でも、国家による計画と管理を基本として、市場経済のメカニズムを可能な限り排除していた。しかし1985年以降、そうした状況に変化を求めるようになり、1991年にはついにソ連という国家そのものが消滅した。その後、ロシア連邦の成立後に採択された憲法体制では、大統領と国会議員(国家会議と呼ばれる下院の議員)を国民が直接選挙で選ぶようになった。また、経済面でも1992年以降、多くの国有企業の私有化が進み、私企業が市場経済のメカニズムの中で競争するようになった。この頃から、一見しただけでは、ロシアの政治と経済は欧米諸国のそれと区別がつかなくなった。

 しかし、ロシアの現状をさらに詳しく見ると、欧米諸国と異なる面があることに気づく。例えば大統領は、1993年にロシア憲法が制定されて以来、定期的に行われた選挙によって選出されてきたが、その度に、現職大統領が再選されるか、あるいは彼が推薦する候補者が選出されている。また、ワシントンに根拠を置く、非政府組織「フリーダム・ハウス」が、専門家の評価に基づいて毎年発表する各国の市民の自由の評価では、「自由」,「部分的に自由」,「非自由」という三区分で、ロシアは2005年から「非自由」の国と分類されるようになった。

 さらに、汚職が大きな社会問題になっている。例えばプーチン大統領が2012年に議会に送った教書においても「いかなるビジネス組織も、執行権力や立法権力、あるいは司法権力との近さによる特権を、その権力のレベルに拘らず利用すべきではない」と率直に問題の存在を認めている。

 以上に挙げた事例は、ロシア社会において繰り返し人々の関心を集めており、それだけ持続的で、深刻であることを示している。現在のロシアの政治に潜む特徴の一つがこうした現象にあると見ることができよう。それでは、どのようにこれらの否定的現象は説明されるのであろうか。実際、世界中のロシア政治の研究者がこうした現象に強い関心を寄せ、さまざまな仮説的解答を提示している。

 例えば、彼らの中には、社会主義体制から資本主義体制への転換という未曽有の改革に時間がかかるのは当然で、今後、時を重ねるにつれて、これらの現象はロシアにおいても目立たなくなるはずだと主張する者がいる。

 これとはまったく異なる解釈もある。例えば、歴史的に見てロシアでは欧米的な政治の運営がなされていた時代はほとんどなかったことを指摘して、そもそも欧米諸国と似たような政治体制を育むような政治文化が存在しないのではないかと主張する意見がある。こうした政治文化を重視する解釈では、ロシアでは個人主義リベラリズムの伝統が弱く、パターナリズム(家父長的態度)が社会の中で大きな影響を及ぼし続けたことが、欧米諸国と異なる政治的秩序を生み出してきたと指摘するのが一般的である。

 さらに別の解釈もある。それは、1980年代末から1990年代前半にかけて、国内政治、経済問題、エスニックな集団間の関係など、広範な分野で改革が一挙に進められた結果、国内に非常に鋭い意見対立が生じた事実を重視するものである。

 1993年に採択された憲法は、大統領に非常に強大な権限を与えた。これがその後の政治経済体制の性格を定める上で、決定的だったというのである。

 これ以外にも、現在のロシア政治が抱える問題点を重視して、その原因を説明する解釈がある。それらの中で比較的よく知られているのが、ロシアが世界有数のエネルギー資源の輸出国である点に注目する説である。

 それによると、一般に産油国では国家を運営する資金がエネルギー資源の輸出によって確保できるので、国民から多額の税金を徴収する必要性が弱まり、それに対応して、広く国民の意見を反映しやすい政治システムを生み出そうとする下からの圧力も弱くなると言う。

 ロシアの政治も、このようなエネルギー資源輸出国の経済的構造に基づくもので、基本的に中東の産油国のそれと同じものだというのである。

 はたして、これらの解釈のどれが、現在と未来のロシアの政治を最もよく説明するのであろうか。それとも、これらの解釈のどれもが一定の説明能力を持っており、政治の現状は複合的な要因を背景にしたものだと考えるべきだろうか。

― 引用終わり ―

 ロシアは「フリーダム・ハウス」による評価で「非自由」の国と判定されている。

 ロシアの政治が「非自由」な理由としてさまざまな要因が考えられる。

 例えば、ヨーロッパが「自由」を重視する政治文化・価値観を持っているのに対して、ロシアの政治文化・価値観は「家父長的」であり、「上からの支配」が強い、またそれが政治文化として根付いている(自然だと思い込んでいる)こと。

 他にも「エネルギー資源輸出国」に観られる「経済的構造」を要因とするものや社会主義体制のなごり、KGBという秘密警察の系譜による一党優位・一党独裁体制を要因に挙げる意見もある。

 このような様々な要因が作用して、ロシアの政治文化を形成しているといえる。

 「自由の尊重」という伝統の強い「ヨーロッパ」に比べて、「ロシア」は「非自由」な国であるといえる。

ここで考える必要があるのが「ヨーロッパ」と「ロシア」の違いを決定づけるものは何か。「ロシアのアイデンティティ」とはどんなものなのか。といったことである。

 「ロシアのアイデンティティ」それは「ヨーロッパとアジアのハーフのような立ち位置」であると言えるだろう。

 地理的にユーラシア大陸の大部分を占める「ロシア」はヨーロッパであり、アジアである。だが、長い歴史の中でも、「ロシア」は政治的に地政学的にヨーロッパであったり、アジアであったりした。この地理的条件・政治的伝統の中途半端さが「ヨーロッパ」との違いを大きく形づくっている。

 また、近年のロシアの政治構造を大きく決めた歴史的な大事件が「社会主義体制」である。

 帝政ロシアを打倒した民衆たちは、紆余曲折の後に、レーニン率いる共産党の支配に従属する形となってしまった。「社会主義者」たちは、「ヨーロッパ」で「共産党支配」を確立することができなかったが、「ロシア」で支配を確立することに成功した。

 これは世界的大事件であり、その後の「ロシア」と「ヨーロッパ」の政治・経済などの「社会体制」(システム)や生活文化の違いを決定づける事件であったと言えるだろう。

 すなわち、「EU」と「ロシア」の政治文化の違いを決定づけているものとして、「社会体制」(システム)の違いも多分にあると言える。

 

EU欧州連合)とロシアのこれから】

 ここでは「EU」(欧州連合)と「ロシア」の構造・特性を理解した上で、「EU」と「ロシア」のこれから(将来)が「どうなるか」という現実的予測と「どうするべきか」という理想論的意見を述べたいと思う。

 「欧米陣営(西側諸国)」と「ソ連陣営(東側諸国)」は政治的にも経済的にも「体制」(システム)が大きく違い、大きく対立した。

だが現在、「EU」と「ロシア」は政治的対立とは裏腹に、経済的には密接に関係している。

 それはロシアが政治的には、一党独裁・一党優位体制からは抜け出せてはいないが、経済的には資本主義体制・市場経済化を進めて、天然ガスというエネルギーをヨーロッパに輸出する資源大国になっていることによる。

 「EU」と「ロシア」がこれから(将来)、「どうなるか」という現実的予測は、

 「ロシア」が強硬姿勢を貫けば、アメリカ・EUと戦争状態にすらなる可能性もある。

 また、「EU」と「ロシア」の現状のゲーム構造は、「シーソーゲーム」である。

 「EU」が落ちぶれれば「ロシア」が発展・喜び、「ロシア」が落ちぶれれば「EU」が発展・喜ぶという構造である。このようなゲーム構造が続けば「EU」と「ロシア」の対立は深いモノになってしまうだろう。

 「EU」と「ロシア」がこれから(将来)、「どうするべきか」という理想論的意見は、

 「EU」側に対しては、「ヨーロッパの調和」を構築すること「ロシア」という不安定な大国を上手く導くことが「EU」に課せられた使命である。と言っておく。

 「ロシア」に対しては、「一党独裁・一党優位な政治体制」から抜き出して、自由を尊重する「民主主義国家」になることと、そのアイデンティティを活かして「ヨーロッパ」と「アジア」両地域との連携を深めることがロシア発展の近道であり、目指すべき道である。と言っておく。

 そして「EU」と「ロシア」両方に共通して言える目指すべき道は、二律背反な「シーソーゲーム」から抜け出して、お互いに「Win‐Win」となる道を模索・協力することだろう。

 

 「EU」という政治・経済の国際的共同体の構想・理念は、「アジア地域」のこれから(将来)の発展に必要なものとなってくるだろう。

 そして、「EU」が「ロシア」という荒熊と対峙するように、「日本・アジア」は「中国」という荒熊(荒パンダ)と対峙している。

 そしてその中国もロシアと同じく、共産党一党支配という「一党独裁体制」である。

 こういった「EU」・「ロシア」という「ヨーロッパ情勢」と「日本・アジア諸国」・「中国」という「アジア情勢」の共通点から、先ほど述べた「EU」と「ロシア」のこれから(将来)が「どうなるか」という現実的予測と「どうするべきか」という理想論的意見をアナロジー(類推)材料として思考展開すれば、次のようになる。

 「日本・アジア諸国」と「中国」がこれから(将来)、「どうなるか」という現実的予測は、

 「中国」が強硬姿勢を貫けば、アメリカ・日本・アジア諸国と戦争状態にすらなる可能性もある。

 「日本・アジア諸国」と「中国」がこれから(将来)、「どうするべきか」という理想論的意見は、「日本・アジア諸国」側に対しては、「アジアの調和」を構築すること「中国」という不安定な大国を上手く導くことが「アジア諸国」に課せられた使命である。と言っておく。

 「中国」に対しては、「一党独裁・一党優位な政治体制」から抜き出して、自由を尊重する「民主主義国家」になることが国家として目指すべき道である。と言っておく。

 そして「日本・アジア諸国」と「中国」両方に共通して言える目指すべき道は、お互いに「Win‐Win」となる道を模索・協力することだろう。

 

【参考文献リスト】

(註1)樋口恒晴『別冊 環 ⑤ ヨーロッパとは何か 「ロシアはヨーロッパか」』藤原書店,2002年

ヨーロッパとは何か (別冊環 (5))

ヨーロッパとは何か (別冊環 (5))

 

(註2)平島健司『EUは国家を超えられるか』岩波書店,2004年

EUは国家を超えられるか―政治統合のゆくえ (新世界事情)

EUは国家を超えられるか―政治統合のゆくえ (新世界事情)

 

(註3)羽場久美子『拡大ヨーロッパの挑戦 増補版』中央公論社,2014年

拡大ヨーロッパの挑戦―アメリカに並ぶ多元的パワーとなるか (中公新書)

拡大ヨーロッパの挑戦―アメリカに並ぶ多元的パワーとなるか (中公新書)

 

(註4)岡部伸『イギリス解体、EU崩落、ロシア台頭』PHP研究所,2016年

イギリス解体、EU崩落、ロシア台頭 (PHP新書)

イギリス解体、EU崩落、ロシア台頭 (PHP新書)

 

(註5)渓内謙『現代社会主義を考える』岩波書店,1988年

現代社会主義を考える―ロシア革命から21世紀へ (岩波新書)

現代社会主義を考える―ロシア革命から21世紀へ (岩波新書)

 

(註6)横手慎二『ロシアの政治と外交』放送大学,2015年

ロシアの政治と外交 (放送大学教材)

ロシアの政治と外交 (放送大学教材)

 

 

【オススメ記事】

yukimura-manase.hatenablog.com

yukimura-manase.hatenablog.com

yukimura-manase.hatenablog.com

yukimura-manase.hatenablog.com

yukimura-manase.hatenablog.com

 

 

今を全力で生きることが、未来に繋がる!~現在志向のすゝめ~

 ついつい過去の出来事を思い出して落ち込んだり、未来を夢想したり、頭の中で様々な思考は流れてくるでしょう。ですが、私たちが生きているのは現在、今この時です。過ぎ去ってもう何もない過去や、どうなるか知ることのできない未来に心が囚われるのはハッキリ言って無駄です。過去や未来に囚われるのではなく、今を生きることが大切なことなのだと思います。それに今を全力で生きると楽しいし、未来に繋がる何かを掴める気がします。

 結局のところ、一番大切なのは、過去でも未来でもなく現在なのです。今だけよければそれでいいとは言いませんが、現在を満足のいくように過ごすことが大切だと思います。それに、未来や理想ばかり追い求めて現実と向き合わないのは、現実をダメにするどころか追い求める未来や理想すらダメにすると思うからです。

 未来や理想を求めるのなら、なおさら今(現在)を大切に考えて行動すべきと考えられます。

 私の夢(理想・目標)は、本業を確りと努めながら、哲学者・作家として活躍することです。本業は生活の為の勤めとは言え、やるべきことですから情熱と責任感を持って挑みたいと思っています。また、夢(理想・目標)である哲学者・作家(メインはエッセイだけど小説も書きたい)の為に、日々様々なことを考えたり、このようにブログを書いたりしています。

 私は、全力で楽しむことや挑戦すること、やるべきことを確りとやるといったことを、今(現在)を生きる人間として大切にしていきたいと思っています。 

 現実を受けとめ、今を全力で生きることが未来に繋がるのだと思います。そう考えるからこそ、今回の記事のタイトルを「今を全力で生きることが未来に繋がる!~現在志向のすゝめ」にしたのです。

 皆さんもこのような「現在志向」な考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか(/・ω・)/

 

【オススメ記事】

yukimura-manase.hatenablog.com

yukimura-manase.hatenablog.com

yukimura-manase.hatenablog.com

 

精神のコントロールできることとできないことを見極め、対応する必要性

 人間にはコントロールできることとできないことがあります。ほとんどのことが1人の人間にとってはコントロールできないことです。だからこそ人生は中々思い通りには行かないものなのでしょう。ですが、コントロールできることもあります。

 今回は人生の中でも一番上手く付き合っていく必要がある己の精神全般に置いて「コントロールできること/コントロールできないこと」についてそれぞれ考察したいと思います。人間の精神は様々な側面が見受けられ、多様な機能を持っています。そんな多様な機能を持つ精神を取り扱うには、「コントロールできること/コントロールできないこと」を明確化する必要があります。

 私の考える「コントロールできること(①)/コントロールできないこと(②)」は、次のように分けられます。

 ①自発的な思考・イメージ,行動,振る舞い,意識・注意など:「意志系統」

 ②自動思考,感情,気分,欲求など:「自動系統」

 それぞれ解説していきましょう。

 ①のような自発的な思考・イメージ,行動,振る舞い,意識・注意などは精神の中でも意志で動かせる面だと言えます。

 ②のような自動思考,感情,気分,欲求などは意志とは関係なく自動的に生じるものです。感情や気分は物事に対して自動的に感じるものであり、また食欲・睡眠欲などの様々な欲求もまた自動的なものとして出てくるものでしょう。

 このように、コントロール「できるもの/できないもの」がある精神をどのように取り扱ったらいいのでしょうか('Д')?

 答はシンプル! コントロールできることに集中すべきであり、コントロールできないことは間接的に導く(マネジメントする)しかないのです。

  ※直接コントロールできないことは、間接的にコントロールするのです(∩´∀`)∩

yukimura-manase.hatenablog.com

 コントロールできないものを無理にコントロールしようとしたり、否定・抑圧したりするのは、逆効果になると言えます。※逆効果になる理由は前の記事を参照してください。

yukimura-manase.hatenablog.com

 コントロールできないものは、受け入れたり、認めたり、流す、またはコントロールできることから間接的に導く(マネジメントする)しかないのです(/・ω・)/ 

 精神を上手く取り扱うには「コントロールできること」と「コントロールできないもの」を見分け、コントロールできることに集中することが必須となります!

レッツコントロール☆(=゚ω゚)ノ

人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法

人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法

 
セルフモチベーション・マネジメント 一瞬で情熱を創り出す技術

セルフモチベーション・マネジメント 一瞬で情熱を創り出す技術

 
大人になってこまらない マンガで身につく 自分コントロール

大人になってこまらない マンガで身につく 自分コントロール

 

 

神経質の改善法~精神の健康~

 物事に対して丁寧でいること大事ですが、神経質になりすぎると困りものでしょう。

 「神経質とは何か?」、答はシンプルで、特定の物事に対して神経を使い過ぎ(気の使い過ぎ)な状態、それが神経質です。

 今回の記事では、メンタルヘルス(精神の健康)にとって重要な神経質の改善方法について考察していきたいと思います。

 

 【なぜ神経質は直りずらいのか?~神経質な人が陥っている罠~】

 まず神経質となっている対象は人それぞれ違うと思うのですが、神経質な人が共通して陥っている2つの罠について解説します。

 ①「気にするから気になる」という罠

 ②「気にしないようにと気にする」という罠

 上記2つが神経質な人が共通して陥っている罠になります。気付いている人もいるかも知れませんが、②の「気にしないようにと気にする」は①の「気にするから気になる」に繋がります。すなわち、「気にしないようにと気にする」行為からよけいに「気になる」という結果が出来てしまうわけです。このように②の背景には①が潜んでいます。

 ①の「気にするから気になる」という事象を私は『強化原理』と呼んでいます。

 気にすることでよけいに気になるように神経が強化されてしまうという意味で『強化原理』です。神経質な人が気にしなくていいことを気にするのには、考え方・感じ方の問題だけでなく、神経が強化されているという側面も存在するということです。

 そして、②の「気にしないようにと気にする」行為そのものが気にしている、という罠は、心理学用語で『シロクマ効果』と呼ばれています。

 

白くまのことは絶対に考えないでください!!
でも、こういわれちゃうと・・・余計に白くまのことを考えてしまいませんか??

アメリカのウェグナーという心理学者が、1987年に「白くま実験」なる実験を行いました。
白くまの映像を3つのグループに見せたあとそれぞれのグループに次のようなお願いをしました。

グループA:「白くまのことを覚えておいてください。」
グループB:「白くまのことを考えても考えなくてもいいです。」
グループC:「白くまのことだけは絶対に考えないでください。」

期間をおいて調査したところ映像を鮮明に覚えていたのは、なんとグループCの人たちでした!!

「白くま効果」と呼ばれるこの現象、ironic process theory (皮肉過程理論)とか paradoxical effects of suppressing anxious thoughts (感情抑制の逆説)と呼ばれています。
白くまを考えないようにコントロールしなければならなくなると、自分が白くまのことを考えていないかどうかを頭の中でチェックしなくてはいけなくなります。白くまについてチェックするためには、常に白くまについて意識しなくてはいけなくなります。
考えないでおこうという意識が、逆に考えさせる状態を維持させてしまっているそうです。

be-do.jp

 意識しないようにと意識することがよけいに意識するはめになってしまうというジレンマという面が言葉の定義上、特徴として挙げられていますが、その実態は「気にすることでよけいに気になる」という強化原理の1つと考えてもいいのではないでしょうか。

 

 【神経質の改善法】

 神経の基本原則は『強化原理』すなわち「気にするから気になる」だと思います。

 ※使った神経は強化される。それが神経の『強化原理』の基本的な考え方です。

 なので、神経質の改善法は、「気にしないこと」だと考えられます!

 そんなのあたりまえだろ!とツッコミが来そうですが‥‥‥

 神経質の改善において「気にしなくても大丈夫」と感じること・信じることが重要だと私は考えています。

 それは先ほどの実験からでも分かります。

〈実験内容〉

 白くまの映像を3つのグループに見せたあとそれぞれのグループに次のようなお願いをしました。

 グループA:「白くまのことを覚えておいてください。」
 グループB:「白くまのことを考えても考えなくてもいいです。」
 グループC:「白くまのことだけは絶対に考えないでください。」

  期間をおいて調査したところ映像を鮮明に覚えていたのは、なんとグループCの人たちでした!!

 この実験から分かることは、白くまのことを考えてはいけないと命令・抑圧された人が一番覚えていたということです。それは「~してはいけない」という命令は精神的にプレッシャーになりやすい。また、白くまを考えないようにとよけいに神経を使う(神経を強化する)ので記憶に残りやすいということです。

 それに対して、「白くまのことを考えても考えなくてもいいです」と言われたグループBは、白くまに対して考えても考えなくてもいいので気持ち的に楽です。なので、白くまに対して神経をグループCほどは使ってないと言えます。

 このように、神経質を改善するには「気にしても気にしなくても大丈夫」と感じること・信じることが必要です。

 「気にしてはいけない」と考える・感じることは精神にプレッシャーを与えるし、よけいに神経を強化するような考え方・感じ方だと思います。

 それに対して、「(気にしても)気にしなくても大丈夫」と考える・感じることは、精神に対する負荷は少ない考え方・感じ方だと思われます。

 神経質な人の中には、自信がない、すなわち、迷い・不安があるという人が多いでしょう。その迷いから抜けるには様々なアプローチが必要かもしれません。ですが、単純に神経質の改善だけをピックアップするのなら、また神経質という名の疑心暗鬼から抜けるには、「気にしなくても大丈夫と感じること・信じること」が必要となってくると考えられます。

 冒頭でも言いましたが、丁寧であっても神経質になるべきではないと思います。

 気楽に生きる為にも神経質を改善する努力をしてみましょう(=゚ω゚)ノ

 

シロクマのことだけは考えるな!―人生が急にオモシロくなる心理術 (新潮文庫)

シロクマのことだけは考えるな!―人生が急にオモシロくなる心理術 (新潮文庫)

 
ロスジェネ心理学―生きづらいこの時代をひも解く

ロスジェネ心理学―生きづらいこの時代をひも解く

 
マンガでわかる! すぐに使える行動心理学

マンガでわかる! すぐに使える行動心理学

 

 

『人間の土地』(サン=テグジュペリ作)から読み取れること。

 サン=テグジュペリと言えば、『星の王子さま』で有名ですが、それ以外にも考えさせられる本を書いています。その1つがこちらの本『人間の土地』です。

人間の土地 (新潮文庫)

人間の土地 (新潮文庫)

 

  この本を読んで何より驚いたのは、サン=テグジュペリの言っていることが現代にも通じる普遍的なテーマであることです。

 サン=テグジュペリは、飛行機乗りとしての経験から磨き抜かれた感性・理性と極限状態を知ることで気づいた人間の本然(普遍性)について本書にあるいくつもの短編を通して読者に伝えてくれます。

 以下、「」内は本書からの引用、そしてそれに続き私の感想・意見を書いていきます。

 

P62 「競走の方が、競争の目的より重視されている。これはいつの場合にも同じことだ」

「結局は人間の為にするのだという事実を忘れがちだった」

 競走の方が、競争の目的より重視される。または、目的の目的(普遍的目的)が人の心から抜け落ちるということはよく見受けられます。例えば、資本主義などはその典型例でしょう。資本主義では、金儲け(利潤追求)が最大の目的です。そしてその為に競争をします。ですが、金儲けもまた人間が生きる為に行う手段の1つなのです。すなわち、金儲けの目的は自分や家族など人を生かす為に個々人が行うことなのです。これは資本主義に限ったことではありません。すべての表層にある目的の根本には、人を生かす為という普遍的目的があります。

 世界の様々な問題(歪み)の背景には、こういった普遍的目的を見失った。または、一部の人たちの独善的な目的の為に発生しているのではないかと思います。人類は普遍的目的が人を生かすことにあるということを改めて意識するべきと感じました。

 

P65 「飛行機は、機会には相違ないが、しかしまたなんと微妙な分析の道具だろう!この道具がぼくらに大地の真の相貌を発見させてくれる。道路というものが、そういえば、幾世紀のあいだ、ぼくらを欺いていたのだった」

 ここでサン=テグジュペリは飛行機を分析の道具と表現して大地の真の相貌を発見させてくれるといっています。まさに俯瞰的に世界を見られる分析の道具、それが飛行機であると解釈することもできます。

 私たちは、近すぎると気付けないことが多々あります。そんな時は、俯瞰的に物事を見ることが大切です。地球を俯瞰的に見ることができるようにした初めての道具、それが飛行機だと思うと飛行機に対するロマンを感じざるを得ないです。

 

P189 「ぼくは万一帰れるとしたら、またやりなおすつもりだ。ぼくには生きることが必要だ。都会にはすでに人間の生活はなくなっている」

「飛行機は目的ではなく、手段にしかすぎない」

「人は人間の働きをしてみて、はじめて人間の苦悩を知る」

ここでサン=テグジュペリは、ぼくには生きることが必要だ。都会にはすでに人間の生活はなくなっている。と言っている。また、人と人間を区別している。

サン=テグジュペリの人と人間の区別は、何を意味するのだろうか?

誰か分かる人がいたら教えてください(/・ω・)/

 

P216 「だれも皆、ぼくらは同じ熱意を云々しているのだ。ぼくら個々の理性の果実なる方法こそは異なるが、目的は異ならない、目的は同一だ」

 ここで言う同一の目的(普遍的目的)は、「生きること」だと思われます。

 

P219 「人間と、そのさまざまな欲求を理解するためには、人間を、そのもつ本質的なものによって知るためには、諸君の本然の明らかな相違を、お互いに対立させ合ってはいけない。そうなのだ、きみらは正しいのだ。きみらはいずれも正しいのだ。理屈はどんなことでも証明する」

 理屈はどんなことでも証明する。たとえそれがフィクションでも論理を確り構築すれば、理屈として成り立つ。そして、各々に各々の正義がある。正義を対立させると、大きな争いに発展しやすい。ゆえに正義を対立させてはいけない。と考えられます。

 

P219~221 「もとより人間を、左翼の人と右翼の人、ファシズムとデモクラートに、区別することはできよう。しかも、このような区別は非難しがたいものなのだ。ただ本然というものは、諸君も知られるとおり、世界を単純化するものであって、けっして混沌を創造するものではない。本然というのは、全世界に共通なものを引き出す言葉なのだ。ニュートンはけっして、謎の解みたいに、長く隠れていた法則を<発見>したのではなかった、ニュートンは創造的な仕事をなしとげたのであった。彼は、牧場に落ちる林檎を表現しうると同時に、太陽の上ることも表現しうる人間の言葉を作り出したのだ。本然というものは、けっして自己を証拠立てるものではなくて、物事を単純化するためのものなのだ」

 「イデオロギーを論じあってみたところで、何になるだろう?すべては、立証しうるかもしれないが、またすべては反証しうるのだ。しかもこの種の論争は、人間の幸福を絶望に導くだけだ。それに人間は、いたるところぼくらの周囲で、同じ欲求を見せているのだ。すなわち、ぼくらは解放されたいのだ」

 「多少程度こそ違え、みんなが生まれ出たいという欲求を同じように感じてはいるのだが、ただ誤った解決法が行われているだけだ」

 本然(本質)は、世界を混沌化するものではなく、世界を単純化するものであり、それは、人間が作り出すものである。

 イデオロギーを論じあって何になるだろう?それぞれにそれぞれの正義がある。それでいいじゃないか。という考え方には大いに賛同できます(・ω・)

 人間の本然(本質)はなんだろう? 人間の本質は生きることであり、また同時に活きる(輝く)ことなのではないかと私は思います。

 

P223 「ぼくらは戦争を必要としなかった。戦争はぼくらを欺く」

 「なぜ憎み合うのか?ぼくらは同じ地球によって運ばれる連帯責任者だ、同じ船の乗組員だ。新しい総合を生み出すために、各種の文化が対立することはいいことかもしれないが、これがお互いに憎みあうにいたっては言語道断だ」

 「ぼくらを解放するには、お互いにお互いを結び付ける1つの目的を認識するように、ぼくらに仕向ければ足りる」

 ぼくらには戦争は必要ない。憎しみもまた必要ない。ぼくらに本当に必要なものは、お互いを結び付ける1つの目的だ。とサン=テグジュペリは言っている。

 人のお互いを結び付ける1つの目的は何か?

 それは生きることだと思う。また人を生かすことだと思う。

 

P224 「たとえ、どんなにそれが小さかろうと、ぼくらが、自分たちの役割を認識したとき、はじめてぼくらは、幸福になりうる、ぼくらは平和に生き、平和に死ぬことができる、なぜかというに、生命に意味を与えるものは、また死にも意味を与えるはずだから」

 サン=テグジュペリが言う人間とは、自分の生命に意味を持った存在、自分の役割を認識した存在を示すのではないかとここで判断した。

 

P232 「ぼくを悩ますのは、これらの人々の各自の中にある虐殺されたモーツァルトだ」

ここで言うモーツァルトは人の可能性を示唆しているものと理解した。社会など様々なモノが人々のモーツァルト(可能性)を虐殺している。そして、それがサン=テグジュペリには悩ましかった。また、人の可能性を活かしきれないこの時代にやるせなさを感じていたのかも知れない。

 

P232 「精神の風が、粘土の上を吹いてこそ、はじめて人間は創られる」

 この言葉の意味は、まだ私には分からなかった。色々な経験・知識を積んだ後なら分かるかも知れない。この言葉の意味が分かるその時を楽しみに待っておきたいです。

※我が師匠いわく聖書の一節が関係あるとかどうとか‥‥‥

 

サン=テグジュペリ作品】 

人間の土地 (新潮文庫)

人間の土地 (新潮文庫)

 
夜間飛行 (新潮文庫)

夜間飛行 (新潮文庫)

 
星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)